KX125,YZ125, touring11

2015.07.08 Wednesday


まだ販売開始から間もないtouring5/11ですが、早速使用報告をいただいております。







と言ってもどちらもレーサーですので、バイクと一緒にではなく、通勤時に使っていただいているそうです。




上のYZオーナーは、神戸空港に特設コースが作られて話題になった、先日の全日本モトクロス選手権第5戦 神戸大会の観戦中に雨に降られてしまい、不本意ながらtouring11が役に立ったそうです。

Kawasaki W650, touring40

2015.07.07 Tuesday


Kawasaki W650にtouring40を積載しています。モトクロスコースでKTMを乗りこなしているイメージのオーナーでしたが、最近W650を購入されたそうです。クローズドエリアと、公道でゆっくりツーリングを楽しむスタイルとのギャップが好きです。



 

Hokkaido 1500km touring, touring40

2015.07.02 Thursday

 


ヤーマンから、touring40定期フィードバックをいただきました。今回はなんと、北海道1500kmロングツーリングで使ってもらいました。詳しい内容は、ヤーマンのこちらのエントリーからチェックしてみてください。



 


北海道までは、行きはセロー250で自走で向かったそうです。帰りは、仙台まではフェリー、そこから自走で戻ってきたとのことです。相変わらずタフなヤーマンだから三日という短時間でこなせるツーリングだとは思いますが、パワーの出たセロー250とスクリーンを始めとした数々のアクセサリーパーツが、高速走行での疲労を軽減してくれるのでしょうね。でも、ヤーマンが昔から好きで履き続けているT63での高速長時間走行は、さすがに厳しそうです。



 


途中の雨も浸水することなく荷物をドライに保つことができたの報告をいただきました。そして、また今回も、touring60(60L)もしくはtouring70(70L)を制作するように言われてしまいました。パックラフトのパドルが1本入らなかったからとのことでした。40Lを超えてくると、バイクへの積載のバランスを取ることが難しいのでそこまで大きなサイズは厳しいとは思われますが、毎度数人のアウトドアマニアからは、60L以上を作りなさいとのご要望をいただいてしまいます。



 
 

Karuizawa, touring25

2015.05.16 Saturday



軽井沢モーターパークからの走り込み連絡を受けて、連休中の向かう先が
そちら方向だったこともあり、途中寄り道させてもらいました。
道中は木が生い茂っていますが、コースに着くと、視界は広がり景色が
一変します。素晴らしい景観の中、みなさんダイナミックなコースを楽しんでいました。




当初は、無印良品のカンパーニャ嬬恋キャンプ場を基点に考えていたの
ですが、直前に気付いて予約表を見てみれば、連休中はすべて埋まって
いました。無印のキャンプ場は、南乗鞍キャンプ場に行った際にとても
良かったので、ぜひまた機会を見て嬬恋にも行きたいと思います。




軽井沢、草津からの帰りには、ハラミュージアムアークへ。
いつ来ても空いていてのんびりと楽しめるので、定期的に訪れています。
水沢うどんついでにお勧めでございます。
次回展示はサイ トゥオンブリー展(アークではなく品川)だそうです。
こちらもまた貴重な展示ですので行ってみたいと思います。


上記写真で持っているのは、touring25です。

THULE roof carrier, touirng40

2015.05.13 Wednesday



ルーフキャリアにtouring40(0411型)と大きなボックス2ケースを積んだ
この状態で、名古屋から軽井沢まで向かったそうです。
さらに、リアにはトレーラーに積んだCRF250Rを牽引しています。

よく見ると、touring40のDリングにストラップを通して固定しています。
バイクと同じ積載方法を、車のルーフキャリアにも適用しています。




軽井沢モーターパークに数日泊まってライディングを楽しんできたそうです。


MAZDA CX-3, touring40

2015.04.20 Monday



MAZDA CX-3に一日たっぷりと乗らせていただきました。
CX-5が発売された当時、マツダのチャレンジングなデザインに共感し、
AUDIがA6から始めたシングルフレームグリルを使いこなしてしまった
様に、必ずマツダも熟成させていくと思いました。今回のCX-3では、
それを強く感じています。




今回は、高速を使って遠出をするのではなく、毎日の気持ち良さを想定
して、渋滞した都内をひたすらに走り続けました。ゴーストップばかり
の街中では、すっと踏み込んだ時に、一瞬もたつくレスポンスが気に
なりました。気になるポイントはいくつかありましたが、そんな事には
人間はすぐに慣れてしまいますし、それを上回る満足感を常に感じさせて
くれるプロダクトの迫力に、嬉しくなってしまいました。




今回もtouring40を載せてみました。トランクもリアシートスペースも、
私には十分満足のいく広さでした。


マツダの強い意志を感じるプロダクトでした。

BLUE BOTTLE COFFEE

2015.04.17 Friday



打ち合わせの帰り道、ブルーボトルコーヒー 清澄白河店へ。
平日昼間でしたが、やはり混み合っていました。

GARRRR 2015.5 と SEROW250

2015.04.10 Friday



今回もまた、ヤーマンから定期報告をいただきました。
誰よりも多くのモーターサイクルギアに触れているヤーマンからのフィードバックは、大変参考になります。
SEROW250に乗り換えてからも、時間を作ってはキャンプツーリングに出かけているようです。






GARRRR 5月号 "セロー生誕30周年記念"の中で、ヤーマンがセローについての思いを書いています。
その中の写真でも、touring40を積載してもらっています。

BMW i3, touring40

2015.04.05 Sunday



リーフに乗ったからにはと、気になるもう1台の電気自動車、BMW i3
ドライブしてきました。2グレードあるうちの、バッテリー+補助エンジン
で構成されたレンジエクステンダーモデルです。これは、バッテリー容量
が減ってくると、補助エンジンが発電をして、バッテリーを再充電して
くれるモデルです。この650ccエンジンは、充電のために存在し、駆動力
は発生しません。
バッテリーを使い切ってしまったとしても、ガソリンを使って充電して
くれるエンジンが控えているという安心感はとても大きくて、結果とし
て毎度ぎりぎりまでバッテリーを使い切ることができるので、充電回数
は大幅に減りました。日本でのオーダーは、9割以上がこのレンジエクス
テンダーモデルというのも納得です。




リーフと同じようなバッテリー容量のi3ですが、きっちり使い切ることが
できると思うと、どんどんと航続距離は伸びます。鎌倉までふらりと来た
後は、鎌倉市役所で充電できることが分かり向かいます。
すると、市役所の目の前が、スターバックスコンセプトストアのひとつ、
鎌倉御成町店でした。隅々まで大変美しい木造建築でございました。
市役所でi3を充電中に、コーヒーをいただきました。




今回もtouring40を載せてみました。全長が4010mmにも関わらず、リア
シートには普通に乗ることができました。トランクも十分です。少し
フロアが高いのは、下にモーターと650ccのエンジンがあるためです。
i3は、RRです。




BMWの強い意志を感じるプロダクトでした。



東京モーターサイクルショー2015

2015.03.31 Tuesday



東京モーターサイクルショーが開催されます。
3月27日(金) - 3月29日(日)
 

今年も、モーターマガジン社さんのブース(位置:C-2)で、touring40を販売していただくこととなりました。 販売内容ですが、昨年と同じく特別なセールとなります。正規品からはずれた、B品のみのご案内です(正規品の販売はございません)。対象商品は、防水機能に問題が無く、輸送中にできてしまった小さな傷や汚れのあるものになります。本来こういったものは表に出すべきではございませんが、機能としては全く問題が無いものですので、これをエントリーモデルとして、お気軽にTTPLを楽しんでいただけることを願って販売を決めました。そういった理由でのご案内になりますので、大変お求め安い価格となっております。


* このようなB品の販売は、現在モーターサイクルショーのみの特別イベントになります。
* touring40は、御購入後、背負ってそのままバイクで持ち帰ることができます。

---------------------------

追記 3/27

今年は、ご好評をいただいた昨年以上の数量を持ち込ませていただいたのですが、先ほどご連絡をいただいたところ、本日ほぼすべてのバッグを皆様にお買い上げいただき、残りはわずかとなっているそうです。緊急の追加納品を最終日(日曜日)には間に合うように考えておりますので、新型車を見た後にTTPLでも、と考えていただいている方は、日曜日の午後辺りが確実かと思われます。


---------------------------

追記 3/31

今回も大変ご好評をいただきありがとうございました。最終日の開場と同時に再度納品をさせていただいたのですが、それも、予想以上のスピードで皆様に手に取っていただき、午後の早い段階で昨年同様に完売となりました。


 

HERO'S R-2

2015.03.17 Tuesday



ヒーローズ第2戦の応援に、モトクロスヴィレッジ(埼玉県川越市)に行ってきました。touring25を背負っています。




YZ125(MY13)、2番平木号




GARRRR号(68番)とGOGGLE号(3番)のCRF125F(MY15)
カスタムの詳細や今回のHERO'S参戦レポートが、発売中のガルル4月号に出ています。
GOGGLEは、次号に掲載されるのかなと思います。







スーリーのタフなキャリアの上で、軽トラックのベッドの上で、
touring40/25を使っていただいてます。
雨から荷物を守るのはもちろんですが、モトクロスコースで付いた
泥汚れを、そのまま水を掛けて洗い落せるのもターポリンの魅力です。








おめでとう!お幸せに。



MOTONAVI 2015.4

2015.03.06 Friday




モトナビ4月号 "ボクサーツインの誘惑"で、touring40を御紹介いただきました。

常滑焼

2015.03.04 Wednesday



リーフドライブの続きです。

東京-名古屋への最短ルートからそれて、寄り道で知多半島に入りました。
知多半島に隣接するセントレアでの休憩と充電を考えて、空港方面へ
向かってみました。




すると、興味深い建築や看板が突然目に入ってきます。セントレア空港
近辺は、常滑焼で有名な常滑市だったのですね。日が暮れそうな時間
だったので、セントレア行きは止めて、陶磁器会館に車を停めました。




会館で"やきもの散歩道マップ"がもらえるのですが、このマップがとても
よくできています。1.6kmのコースを周ると、常滑焼の美しいスポットを
おおよそ見て周ることができます。








登窯や煉瓦煙突など、常滑焼の歴史を垣間見ることができます。







こういった空き家もいくつか見かけました。
こんな古民家を再生してここに住むことができたなら、静かで心地よい暮らしができそうです。





リーフ, 東京-名古屋, touring40

2015.02.26 Thursday



電気自動車リーフにtouring40を積んで、東京-名古屋のドライブに
チャレンジしてきました。エアコンよりヒーターの方がバッテリー
には厳しく、冬+ヒーターという最も航続距離が出ない時期のテスト
となりました。

充電結果としては、東京-名古屋の片道約380km区間を、7回充電でした。
途中寄り道をしてルートからそれた時もありますので、実走距離はもう
少し伸びていると思います。高速を使えば、SA事に充電すればよいだけ
と分かっていたので、現在の充電スポット状況を知るためにも、行きは
一般道で名古屋に向かいました。

急速充電(30分充電)を使い、約80%までバッテリー回復時で、およそ110
km程度の航続距離でした。これは周囲の状況で毎回異なります。また、
ヒーター全開でecoモードにもしていません。つまり、ガソリン車と同じ
様に、気持ちよく走ってきました。
乗ってみて分かりましたが、航続距離が110km程度あっても、バッテリー
が終わってしまったらどうにもならないという心配はなかなか大きくて、
実際には、常にルート先の充電スポットを探しながら、残り50kmを切る
頃には毎度充電をしていた感じでした。
もちろんこれはリーフの一般的な使い方ではありませんが、少し無理を
した旅のおかげで、電気自動車の良さと、現在のインフラ状況がよく分
かりました。今はまだディーラー以外のスポットは少ないので、日産
ディーラーの多さに嬉しくなってしまいました。

音のないまま力強く加速していくモーターは大変気持ち良く、その静粛さ
も疲労軽減につながりました。また、リーフはシートが体に合っていたの
も良かったのかな。

GARRRR 2015.3

2015.02.13 Friday







GARRRR, VFR800X, touring25

GARRRR 3月号で、touring25・イエローを使っていただきました。

VFR800Xで、市街地、高速道路、林道を走り抜ける企画で、
その間、touring25をバックパックとして使っていただきました。

デザインは少し似ていても、コンセプトは大きく異なるであろう
NC750Xと乗り比べてみたいです。