コンテナヤード

2012.12.06 Thursday

container_yard

touring40がたくさん届きました。写真は、まだまだ一部です。

サンプルを何度も詰め直し、勝手なこだわりが過ぎたため、予定よりも大幅に
遅いご紹介となってしまいました。ただ、その分良いものができあがっています。

既存のツーリングバッグであれば、暖かくなる春からの御使用をお勧めしますが、
touring40は、モーターサイクルに乗らない冬の日も、歩きや自転車で毎日使えるバッグです。

オフシーズンのないツーリングギアです。


*トップページにカタログをUPしました。

GARRRR 12月号

2012.12.03 Monday

garrrr

GARRRR 12月号にて、touring40を掲載していただきました。
GOODS REVIWのコーナーで、1ページにわたって詳細なインプレッション及び積載写真をご確認いただけます。



garrrr

garrrr

Waterproof

2012.07.08 Sunday

river

Shouldering

2012.06.23 Saturday

shouldering

Roll top system

2012.06.19 Tuesday

roll_top

開口部は、ロールトップ方式を採用しています。くるくる3回巻くと、ぴたりとベルクロが合います。
両サイドのコンプレッションベルトを締めて完成です。

クラシックで開閉に手間のかかるロールトップシステムを選んだのは、タフでどんな環境にも
負けないバッグを作りたかったからです。

365 days use

2012.06.10 Sunday

park

自転車での移動にも適しています。
大きな容量にあまえて、カメラやちょっとしたキャンプ道具までどっさり詰め込んで、
気持ちの良い距離をポタリングしてきました。

ツーリングでない日にも楽しい、毎日使えるバッグです。

Packing _ Super Tenere

2012.06.07 Thursday

packing_tenere

スーパーテネレに積載した状態です。これは、ファーストサンプルをテストしていた時のもので、
現在製造を進めている量産モデルとは、数箇所ディテールが異なります。

悩んだ横幅は、このまま変えずに40Lの容量を確保しました。
荷物の多いキャンプツーリングやロングツーリングも、このバッグひとつで出掛けられることを考えています。
また、40Lの余裕ある容量は、ギアバッグとしても気持ちよくお使いいただくことができます。
ウエアをたっぷり詰め込んだバッグを、ピックアップのベッドに放り投げてライディングに向かってください。
途中で雨に降られても、完全防水のターポリン生地が雨から荷物を守ります。

Shoulder & Handcarry strap

2012.06.01 Friday

reflect_line

毎日スーパーテネレで積載テストを続けています。
長く使えるよいものをと、予定より大幅に時間をかけて改良してきました。
バイクへの脱着のしやすさも、バイクからおろした後のバックパックとしての使い勝手も満足できる仕上がりです。

ライダーは荷物が多い。バイクから降りれば、ヘルメットを持つだけで片手が占有されてしまいます。
残った片手でバッグを持つのではなく、楽に背負って気持ちよく移動してください。
もちろん、普段はハンドキャリー用に短くしておいて、さっと手持ちで運ぶことができます。
TTPLでは、ショルダーとハンドキャリーストラップを両方装備することなく、
長さの調整幅をもたせたショルダー兼ハンドキャリーストラップを使い、パーツ点数を減らしたシンプルな外観に仕上げました。


National Molding D-rings.

2012.05.23 Wednesday

d_ring


Dリングをはじめ、すべてのプラスティックパーツには、デュラフレックス製を使用しています。
アメリカ軍やアウトドアメーカーが採用する、クオリティの高いタフなパーツです。

その中でも、バッグを抑えるDリングには、特にタフなヘビーデューティーDリングを使っています。
*写真はサンプルのため異なります。

また、ウェビングベルトはすべてナイロン製です。ごわごわとしたポリエステルは使いません。

Bianchi PISTA FLAT ALUに乗る時も

2012.05.21 Monday

bianchi_pista_flat_alu

バイクが好きな友人達のおかげで、続々とテストデータが増えてきました。
各所でいろいろな車体に積載させてもらっては、参考になる良い意見をいただいています。
重要なパッキングストラップも気持ちよい長さに決まりました。前側の支点が、遠いタンデムステップから
になるであろうGS等でも問題なく積載できるように。

そして、TTPLであるポイントは、バイクからおろしても使えるツーリングギアであるということ。
バイクに積載するギアからバックパックへ。
週末のツーリングから戻っても、月曜日からそのまま背負って使えるバッグです。