お鷹ぽっぽ

2019.03.10 Sunday

 
 

山形県米沢市の郷土玩具、お鷹ぽっぽがやって来ました。下の動画に出ている戸田寒風さんの一刀彫です。リビングの棚に入らなかったので、キッチンエリアに暫定腰掛け中。お気に入りの飛びカンナ仕様の小鹿田焼を端に押しのけ良いポジションを取りました。
 

FUKU FUKU Garden

2019.03.06 Wednesday


 


 

フクフクガーデン(埼玉県飯能市)でランチプレートをいただきました。いつもお世話になっている素敵な御夫妻が古民家をリノベーションして先日オープンされたカフェです。年末パーティの時からさらに進化していたので、オープンを迎えるまでの様々なリノベーション苦労話を聞かせていただきました。素人DIYでコツコツとショップ兼ガレージを進めているところなので大変参考になりました。

 

 
 


 


 

近日またツーリング途中に伺いたいと思います。周りにキャンプ場も多いので、こちらでランチをいただいて、夜は焚火と共にキャンプサイトでゆっくりなども良さそうです。


フクフクガーデン WEBサイト

GARRRR ステ・フェスに行ってきました

2019.02.25 Monday

 
 

ステ・フェスに行ってきました。到着が遅れて午後になったにも関わらず、たくさんのオフロードバイクが集まっていました。イベント開始直後は行列もできていたようで、ガルルファンの優しさを感じます。

 

 
 

会いたかった方々とたくさんお話することができました。

 

GARRRR ステ・フェス

2019.02.22 Friday

 
 

明日2月23日(土曜日)、ツアラテック店舗内(相模原市)でステ・フェスが開催されます。編集部でガルルステッカーがたくさん見つかったので、それをツアラテックに来てくれたガルルファンに差し上げる会という意味だそうです。詳細はオフィシャルにて御確認ください。ガルル関係者がたくさん来るそうなので、読者の皆様ツーリング途中にいかがでしょうか。自分も道志方面を目指す途中に寄りたいと思います。

 

ありがとうGARRRR

2019.02.21 Thursday

ガルルが最終号になってしまった。


ガルルとの関係は、子供の時にKX80で出場したガルル主催のエンデューロレース(場所はHARPかな)の頃に始まります。そのレースでもらったガルルキーホルダーは、今も実家にあるKMX200のキーに付いているはず。その後は、オフロードバイク(GARRRR)から離れて、ロードバイクやヴィンテージバイクにはまっていた時期もありましたが、父親が強めのガルルファンだったこともあり、実家に帰った時にはコンプリートされているガルルを楽しんでいました。会社を辞めフリーとなり、林道ツーリングやモトクロス、エンデューロを再開してからは、最後までガルルはいつも身近な存在でした。


近年の思い出は、約2年に渡ってコラボレーション(GARRRR×TTPL)をさせていただいたことです。おかげ様で多くのガルルファンからオーダーをいただくことができました。長く楽しんでいただけたら嬉しいです。そのコラボモデルの打ち合わせは毎回楽しくて、いつもこちらのわがままを聞き入れてくださった編集長に感謝しています。そんな編集長にも一度だけ"ちょっと待て"と言われたことがあり、それは "ガルルTシャツなのだからGARRRRとプリントを入れましょう。"と提案をした時です。直接的なプリントを入れることによるリスクはいくつも浮かんできますが、こちらの強い思いで製作をさせていただきました。結果として生産分すべてをお送りすることができたのは、深いガルルファンがたくさんいるからですね。

 



 


 

次は、昔使われていた旧GARRRRロゴを復刻したデザインでのプリントを押し通したかったのに。それはまた別の機会に。ありがとうGARRRR。長い間お世話になりました。
 

MAZDA SCRUM TRUCK

2019.02.19 Tuesday

 
 

再び、マツダ・スクラムトラック・ジョイフルホンダワークスに乗りました。軽い車体に積まれたR06A型エンジンの楽しさをまた味わいたくなってしまったから、では決してありません。引き続きガレージ作りのための木材を大量購入しているからです。左に見えるシャッターの中が、だんだんと完成に近づいてきました。できれば新製品の販売スタートには間に合わせたいのですが、もう少し時間が掛かりそうです。

 

 
 

ポケットに入れると携帯電話クラスの存在感を放つ質実剛健キーホルダーが、紛失防止に貢献しています。
 

touring40/25の再生産について

2019.02.12 Tuesday

 
 

 

touring40は、全カラー完売となりました。ありがとうございました。アップデートを含む次回再生産は、2019年夏から秋頃を予定しています。また、その前には、多くのお客様から御要望をいただいておりましたtouring40(40L)を超える60Lの大容量モデルを御案内いたします。荷物の多いロングツーリングライダーへのベストモデルです。

touring25は、現在再生産の予定はございません。予定が変更になり次第あらためて御報告いたします。


 

touring40(B)
すぐにtouring40/25を使いたいというライダーに向けて、完売後にB品を御案内しております。B品とは、防水機能に全く問題の無い範囲で、わずかな汚れや傷などがあるものです。詳細については、準備ができ次第あらためてサイトのトップページやブログで御紹介します。

 

ポジションランプ交換

2019.02.03 Sunday

 
 

シトロエンのポジションランプが切れたので交換。純正のものは昔ながらの暖色系だったので、隣のHIDに似た色のLEDを選んでみました。

 

キャブレターメンテナンス

2019.01.28 Monday

 
 

ガソリンタンクを取り外す用事があったので、どうせならと合わせてキャブレターもメンテナンスしました。スーパーテネレは整備性が悪く、まずは大きな27Lのガソリンタンクをおろさなければいけません。急遽ガソリン満タン状態での作業だったので非常に重かったです。

 

 
 

写真は昨年内部パーツを新品に交換したときのものです。今回は、清掃とセッティング変更、Oリング類を新しくしました。時々しかいじらないためいつになってもコツを掴めません。フューエルインジェクションのバイクがうらやましくなる時です。

 

TRIUMPH STREET SCRAMBLER

2019.01.24 Thursday

 
 

パッキング内容を変更しながら、新製品のツーリングテストを繰り返しています。生産に大変時間がかかるため、春先の御紹介になりそうです。ロングツーリングにぜひ使っていただきたいモデルです。

そのツーリングテストの途中で、近くを通りかかったトライアンフ柏に再度寄ってみました。スクランブラー1200の入荷はまだ(3月予定)ですが、まずは、気になっていたストリートスクランブラーに試乗をさせていただきました。

 

 
 

エントリーモデルとしてお勧めというのがよく分かる非常に乗りやすいモデルでした。クラシックな外観と濃い乗り味をうまく表現しながら、中身は良い意味で現代のモデルですね。操作系はすべて軽く、電子制御も入り、ライトも明るい。疲れることなくどこまでも行けそうです。また、重心とシートが高いバイクばかりに乗っているので、適度な高さのストリートスクランブラーは渋滞や信号待ちも安心できて苦になりませんでした。街中の渋滞からロングツーリングまでこなせそうな守備範囲の広いモデルだと思います。