X-ADV, touring7

2020.02.06 Thursday


 


 

X-ADVでtouring7の積載テストに行ってきました。スクーターはシート下にラゲッジスペースがあるので、慣れるまではパッキングストラップの装着が少し難しく感じますね。ラゲッジスペース周囲にある、気密性を高めるシールがパッキングストラップの侵入を拒む感じです。そのシールを避けてストラップが通せるラインが1本あり、そこを使って積載しました。touring60/40/25の様に、パッキングストラップの支点をグラブバーなど外部に取れば問題解決ですが、するとシート下がうまく使えなくなってしまうので考え中です。それにしても、冬のX-ADVは快適でした。街中用の薄手のメルトンコートだったにも関わらず、スクリーンの高さとグリップヒーターの温度をMAXにセッティングしたところ、それほどの寒さも感じることなくずっと走り続けられそうでした。スクーターは下半身が寒くないのもいいですね。そういえば、今回はしっかりDCTを楽しんできました。リラックスポジションのまま、マニュアルモードに入れた途端、左手の指先だけでライディングをより一層楽しめるというのがとても新鮮です。
 

関連する記事