MAZDA SCRUM TRUCK

2019.02.19 Tuesday

 
 

再び、マツダ・スクラムトラック・ジョイフルホンダワークスに乗りました。軽い車体に積まれたR06A型エンジンの楽しさをまた味わいたくなってしまったから、では決してありません。引き続きガレージ作りのための木材を大量購入しているからです。左に見えるシャッターの中が、だんだんと完成に近づいてきました。できれば新製品の販売スタートには間に合わせたいのですが、もう少し時間が掛かりそうです。

 

 
 

ポケットに入れると携帯電話クラスの存在感を放つ質実剛健キーホルダーが、紛失防止に貢献しています。
 

関連する記事