ありがとうGARRRR

2019.02.21 Thursday

ガルルが最終号になってしまった。


ガルルとの関係は、子供の時にKX80で出場したガルル主催のエンデューロレース(場所はHARPかな)の頃に始まります。そのレースでもらったガルルキーホルダーは、今も実家にあるKMX200のキーに付いているはず。その後は、オフロードバイク(GARRRR)から離れて、ロードバイクやヴィンテージバイクにはまっていた時期もありましたが、父親が強めのガルルファンだったこともあり、実家に帰った時にはコンプリートされているガルルを楽しんでいました。会社を辞めフリーとなり、林道ツーリングやモトクロス、エンデューロを再開してからは、最後までガルルはいつも身近な存在でした。


近年の思い出は、約2年に渡ってコラボレーション(GARRRR×TTPL)をさせていただいたことです。おかげ様で多くのガルルファンからオーダーをいただくことができました。長く楽しんでいただけたら嬉しいです。そのコラボモデルの打ち合わせは毎回楽しくて、いつもこちらのわがままを聞き入れてくださった編集長に感謝しています。そんな編集長にも一度だけ"ちょっと待て"と言われたことがあり、それは "ガルルTシャツなのだからGARRRRとプリントを入れましょう。"と提案をした時です。直接的なプリントを入れることによるリスクはいくつも浮かんできますが、こちらの強い思いで製作をさせていただきました。結果として生産分すべてをお送りすることができたのは、深いガルルファンがたくさんいるからですね。

 



 


 

次は、昔使われていた旧GARRRRロゴを復刻したデザインでのプリントを押し通したかったのに。それはまた別の機会に。ありがとうGARRRR。長い間お世話になりました。