GOLF, touring25

2018.03.10 Saturday


 

友人のゴルフ7でミニドライブへ。UP、ポロ、パサートと同じくいつものフォルクスワーゲンの気持ち良さでした。すがすがしくフラットな乗り味は、シトロエンのゆったりとした船の様な乗り味とは全く異なります。クリーンで雑味が無く頭が冴えてくる様な車です。


 


 

オーナーの荷物を勝手にどかしてtouring25を入れてみました。縦向きに入れてもまだ余裕がありtouring40もタテに入りそうです。このワルター・デ・シルヴァ世代のフォルクスワーゲンが好きで、このままずっといじらないでと思ってきましたが、徐々に変化をしてきましたね。第7世代では、横切っていたキャラクターラインも消えて、よりシンプルなCピラーになっています。ゴルフのアイデンティティであるこのCピラーとデザインされた給油口を目に焼き付けてきました。