DS3 PERFORMANCE Line, touring40

2017.07.27 Thursday


 

DS3の限定モデル、PERFORMANCE Lineをお借りしました。本来はDS3カブリオでオープンエアを体験させていただく予定でしたが、スペシャルなパフォーマンスラインもとても良かったです。
ワインディングを走りたくて最後まで山と悩みましたが、今回は海へ。都内から第3京浜を抜けて海岸線を走ってきました。毎度しらすづくし定食をいただき、湘南T-SITEで休憩のパターンです。


 


 

荷室は、touring40を縦に置いてリアシートの背中に当たる程度でした。ハッチバック車は、リアシートを常に倒した状態で使うことが好きなので、この状態での荷室の広さはあまり気になりません。


 


 

1.2L 3気筒ターボエンジン(110ps/20.9kg)は、渋滞・高速・郊外全てにおいてパワフルで楽しかったです。そして、プジョー・シトロエンと言えばクセの強すぎる4AT(AL4)ですが、こちらもアイシンの6AT(EAT6)のおかげで普通に走ることができます。燃費は満タン計測で17.2km/lでした。スーパーテネレの数値を大きく超えています。


 


 

気に入ってしまったこの1.2LとEAT6のパッケージは、新しいシトロエンC3も全く同じです。セッティングは変わっているはずですが、カクタスから惹かれている自分としては、同系デザインのC3にも乗ってみたくなりました。