旧濱田庄司邸, touring5

2016.05.16 Monday


益子の春の陶器市に行ってきました。ゴールデンウィークの間、毎日5万人ほどがあの狭いエリアを訪れるというだけあって、メイン通り沿いは、無数の出店と人であふれていました。気に入ったお店で作家の方にいろいろ話をうかがいたいと思っていましたが、遅めの到着で残念ながら時間がありませんでした。駆け足でしたが、強い個性を放つものからクラシックなデザインの器まで、たくさんの益子焼を楽しむことができました。




益子を訪れたメインの目的は、濱田庄司を知るためです。民藝運動の時代が好きなため一度は訪れたかった場所です。先ほどの混雑した通りを上がると、移築された旧濱田庄司邸があります。隣には、愛用していた登り窯も移築復元されています。大変気持ちの良い家で、だいぶ長居をしてしまいました。また日本民藝館にも行きたくなりました