MITSUBISHI ECLIPSE CROSS, touring19

2018.09.19 Wednesday

 
 

関西から友人がエクリプスクロスで遊びに来てくれました。最近、三菱から三菱へ乗り換えたそうです。珍しいエクリプスクロスの各部説明をしてもらいちょっとだけ試乗も。最近の車の太いトルクとレーダークルーズがいいですね。

 


 

トランクを見せてもらうと、touring19の他に、touring25と初期型のtouring40もありました。この初代touring40のサンプルが初めて手元に届いた時に、小金井公園脇にある夜のマクドナルドで真剣に相談をさせてもらったことを思い出しました。今後とも厳しいフィードバックを待ってます。
 

ホキ美術館, 鹿野山, touring40

2018.09.14 Friday

 
 

ホキ美術館までショートツーリングに行ってきました。と言っても、時間がなく今回は建物見学のみです。

 

 
 

 
 

30mも浮いているカンチレバーです。

 

 
 

緑の中にひっそりと建っているものかと思いましたが、周囲は住宅が取り囲んでいます。

 

 
 

来年2月には建物探検セミナーがあるので、その時に写実作品をゆっくりと鑑賞してきたいと思います。

 

 
 

その後、鹿野山で休憩して帰りました。

 

GARRRR×TTPL 2

2018.09.04 Tuesday

 
 

簡単ですがコラボレーションTシャツの着用イメージを作りました。

 


 

レッドとブラックは同じLサイズ(177cm)です。その他詳細は商品ページで御確認ください。

 

GARRRR×TTPL コラボレーションTシャツ

ADVenture's Vol.4

2018.07.30 Monday






 

ADVenture'sでの旅のオフショットを本部からもいただきました。ポスターにして事務所で楽しみたい綺麗な写真です。

利根川ポタリング, touring19

2018.03.27 Tuesday

 
 

利根川河川敷を走ってきました。いろいろ緊張しながら距離を進める都内とは異なり、どこまでもストレートが続く気持ちの良いポタリングでした。


 


 

ポタリングの帰り道にhako cafeをのぞいてみたところ、いつものハコカフェと違い店内がなにか特別な雰囲気に包まれています。勇気なく外から眺めるだけでその場を後にしたのですが、なんとU-zhaan(ユザーン)と新井孝弘がライブをしていたようです。もったいないことをしました。

 

GOLF, touring25

2018.03.10 Saturday


 

友人のゴルフ7でミニドライブへ。UP、ポロ、パサートと同じくいつものフォルクスワーゲンの気持ち良さでした。すがすがしくフラットな乗り味は、シトロエンのゆったりとした船の様な乗り味とは全く異なります。クリーンで雑味が無く頭が冴えてくる様な車です。


 


 

オーナーの荷物を勝手にどかしてtouring25を入れてみました。縦向きに入れてもまだ余裕がありtouring40もタテに入りそうです。このワルター・デ・シルヴァ世代のフォルクスワーゲンが好きで、このままずっといじらないでと思ってきましたが、徐々に変化をしてきましたね。第7世代では、横切っていたキャラクターラインも消えて、よりシンプルなCピラーになっています。ゴルフのアイデンティティであるこのCピラーとデザインされた給油口を目に焼き付けてきました。
 

Super Cub, touring40

2018.01.14 Sunday


 

WORLD WALKBUNさんからtouring40の積載写真をいただきました。レストアしたばかりのスーパーカブで、足尾銅山まで400kmツーリングに行ってきたそうです。

 


 

大変きれいなスクランブラー仕上げですね。新しいカブが気になっている時にこの写真は刺激されます。
 

原爆ドーム, touring19

2017.12.14 Thursday


 

原爆ドーム, touring19
 

Park, touring19

2017.12.13 Wednesday


 

Park, touring19
 

大名栗林道, 正丸峠, touring40/5

2017.12.06 Wednesday


 

今回も製品テストを兼ねて秩父方面へショートツーリングに行ってきました。途中にある大名栗林道(入口)の様子も確認。分かってはいましたが以前のゲートよりも更に手前から遮断されています。


 


 

手前のゲートで止まったことにより、森のこみちに気が付きました。フカフカで優しいトラクションの散歩道は、大名栗林道について考えるよい時間でした。


 


 

16歳の時にNS-1で時々来ていた正丸峠に数十年ぶりに入ってみました。当時から道幅も狭く油断できないワインディングとは思っていましたが、現在では更にリスキーなコンディションになっていて驚きました。林道を走る時の気持ちで走ってきました。


今回のツーリングで気になった車両は、新生ノートンのコマンドBMWのC evolutionです。コマンドはワインディングが似合うモデルですが、C evolutionが山にいたのは驚きました。しばらく並走した後、交差点で無音で去っていきました。きちんとライディングジャケットを着ているライダーだったので、地元の方ではなくツーリングライダーでしょうか。バッテリーレンジを緻密に計算しながらツーリングを楽しんでいるのでしょうね。