[TIPS] 安定するパッキング 4

2018.12.08 Saturday

 
 

安定するパッキング1で説明したパッキングストラップのずれ落ち対策に関して、写真の様なアシストストラップも制作しました(積載したtouring40を上から見ています)。左右のストラップをダイレクトにつなぎ、荷物の詰め方やストラップの締め方に問題があった時にもずれ落ちのリスクを軽減できます。最近は常にこのアシストストラップを装着しているせいか、とても積載が安定しています。

 

[TIPS] 安定するパッキング 3

2018.12.04 Tuesday

 
 

バッグを車体に載せる前にも、安定するパッキングのポイントがあります。どこでも手に入る一般的なノンスリップマットを使います。これをバッグの底に敷いて積載すると、ずれに強くなります。自分のテネレでは、リアキャリア上に積載するためノンスリップマットを常に両面テープで貼り付けています。

最近マットを新しいものに交換したところ、今までより安定するように感じます。2年ほど使用していたものは、触ってみると摩耗で表面がすべりやすくなっているようにも感じるので、同じマットを使い続けている方はよかったら交換してみてください。

 

[TIPS] 安定するパッキング 2

2018.12.01 Saturday

 
 

バッグを閉じる前にも、安定するパッキングのポイントがあります。両手でバッグを押して(つぶして)、中の空気をある程度抜いてからロールをして口を閉じてください。たくさん空気が入った状態でパッキングストラップを留めてしまうと、走行中に少しずつ空気が漏れていき、その結果きつく締めていたはずのストラップにあそびが出てずれやすくなってしまいます。

キャンプ用スリーピングマットの口などに採用されているエアバルブを付けて強制的に空気を逃がす方法もあるのですが、エアバルブ付きのサンプルを作ってテストをした時には、バッグを開閉するたびにエア抜きをしなければならないので結局そのバルブは使わなくなってしまいました。ロールトップ方式という面倒なバッグですから、できる限り開閉の手間を減らせるよう必須ではないものは削除することを考えています。

慣れるまで少しコツが要りますが、ロールをする前にエアを押し出してあげるとパッキングがいつもよりうまく仕上がります。
 

[TIPS] 安定するパッキング 1

2018.11.26 Monday

安定するパッキングのコツを、"なで肩・いかり肩"という言葉を使って説明します。

 

 
 

まずは、"なで肩"の例です。容量に余裕がある時に、バッグの中央に荷物を集めてパッキングをしてしまうと、バッグの上面が"なで肩形状"になります(赤矢印)。すると、左右の端部分が下がってしまうので、このまま乗り続けると振動でストラップがずれやすく(外に逃げやすく)なります。

 

 
 

次に、"いかり肩"の例です。荷物を左右の端に詰めてバッグを閉めました(なで肩と同じ荷物です)。バッグの両端に張りが出て、車体からはみ出したオーバーハング部分の剛性が上がり車体に綺麗に積載することができました。また、バッグの上面部分の両端がフラットもしくは盛り上がることによりパッキングストラップがきちんと固定されてずれにくくなります(青矢印)。慣れるまで少しコツが要りますが、荷物を左右端まで詰めることを意識するとパッキングがいつもよりうまく仕上がります。


* 分かりやすい様にショルダーストラップは外しています。ショルダーストラップは簡単に脱着できます。

 

インナーボックス側面

2018.09.24 Monday

 
 

インナーボックスの組み立て方について質問をいただきました。まず、2枚付属するパーティションについては、お好みのポジションで仕切りとして御利用ください。また、特に荷物が少ない時には、ボックス剛性を上げるフレームとしてお使いいただけます。パッキングストラップで締めた際に、ボックスのたわみ軽減に役立ちます。 次に、ボックスサイド(上記写真A)部分についてですが、基本的にはベルクロを内側に曲げた状態(上記A)での使用を考えています。

 


 

ですが、上記写真の様に、ベルクロを外側に折った状態で使っている方もいらっしゃいます。わずかに容量や剛性に変化が出ますが、その様な些細なことは構わずぜひ好みの仕様でお楽しみください。
 

Holder strap, touring19

2018.08.28 Tuesday

 
 

公園でのリラックス用に、touring19のトップケースを取り外してホルダーストラップを装着。ULとは遠いスタイルのため、Zライトはたっぷり183cmのまま使っています。
 

touring40/25のDリングについて (再掲載)

2018.08.21 Tuesday

 
 

touring40/25の細かな仕様変更の御案内です。バッグを積載する際には、付属のパッキングストラップをDリングに通して固定をします。今までは、上下Dリングの上部分のみDリングが2個ずつ付くダブルDリング仕様でした(上記写真・A)。今回のロットからは、A部分も含めて全箇所シングルDリングになりました。


 


 

トップ部分のDリングがシングルになったことで、メインのショルダーストラップが付いている上記B部分の取り扱いについて御質問をいただきました。今まではダブルDリングだったので一つはショルダーストラップ、もう一つのDリングにパッキングストラップを通すことができましたが今回からはシングルです。

ショルダーストラップが付いているB部分も、その他の箇所と同様に、Dリングにパッキングストラップを通して固定をすることができます(写真では、試しにパッキングストラップを通しています)。B部分には、厚手のシートベルトストラップが付き、固定用パッキングストラップのバックルもゴーストアイという比較的大きめでタフなモデルを選んでいますが、それであっても中を通して固定ができるDリングを選んでいます。プラスティック類は各社テストをした上で、現在はデュラフレックスのこのマッチングに落ち着いています。ちなみに、プラスティックはほぼ全てデュラフレックス製を使用しています。ストラップキーパーだけは、touring40/25と相性の良いニフコ製を使っています。
 

touring40/25のDリングについて

2018.04.28 Saturday

 
 

touring40/25の細かな仕様変更の御案内です。バッグを積載する際には、付属のパッキングストラップをDリングに通して固定をします。今までは、上下Dリングの上部分のみDリングが2個ずつ付くダブルDリング仕様でした(上記写真・A)。今回のロットからは、A部分も含めて全箇所シングルDリングになりました。


 


 

トップ部分のDリングがシングルになったことで、メインのショルダーストラップが付いている上記B部分の取り扱いについて御質問をいただきました。今まではダブルDリングだったので一つはショルダーストラップ、もう一つのDリングにパッキングストラップを通すことができましたが今回からはシングルです。

ショルダーストラップが付いているB部分も、その他の箇所と同様に、Dリングにパッキングストラップを通して固定をすることができます(写真では、試しにパッキングストラップを通しています)。B部分には、厚手のシートベルトストラップが付き、固定用パッキングストラップのバックルもゴーストアイという比較的大きめでタフなモデルを選んでいますが、それであっても中を通して固定ができるDリングを選んでいます。プラスティック類は各社テストをした上で、現在はデュラフレックスのこのマッチングに落ち着いています。ちなみに、プラスティックはほぼ全てデュラフレックス製を使用しています。ストラップキーパーだけは、touring40/25と相性の良いニフコ製を使っています。
 

お届け希望日追加のお知らせ

2017.12.06 Wednesday


 

お届け希望日の項目を追加しました。しばらく先のお届けを御希望の際は、こちらの選択肢からお選びください。また、選択肢にない場合でも、御希望の日程・時間帯で手配をさせていただきますのでオーダー時にお申し付けください。
 

決済方法追加のお知らせ

2017.12.04 Monday


 

ご要望をいただき決済方法のバリエーションを追加致しました。クレジットカードのお支払いは一括払いのみでしたが、分割とリボ払いを追加させていただきました。