[ TIPS ] touring60/40/25をシートに取り付ける

2020.06.29 Monday


 

「touring25をシート上にタテ向きで取り付けたい。」というご質問をいただきました (写真はtouring40)。進行方向タテ向きに積載するだけであれば、バッグをタテに置いて通常通りパッキングストラップの取り付けポイントを決めるだけですが、touring7と同じ積載方法、つまりパッキングストラップをシートに巻き付けて固定する方法でリクエストをいただきました。

わずかなカスタムで、touring60/40/25に付属のパッキングストラップで同様の積載方法が可能です。上の写真[2]が通常の状態。[1]は、ストラップ[2]のループエンド部分をつなげて1本にしました。

 


 

ループエンド部分のアップです。エンド部分をつなげて計2本の長いストラップを作ります。シートの下を回していつも通りバッグの頂点でバックルを合わせて完成です。

 

[TIPS] ヘルメットを入れる

2020.06.04 Thursday


 

touring7にヘルメット(ジェット)を収納することができるか」というご質問をいただいたのでテストをしてみました。まずは、手元にあったオフロードヘルメットでチャレンジ。やはりtouring7にヘルメットは厳しく、あご部分までしか入りませんでした。

 


 

「その次に小さなモデルでは?」とのご意見をいただき、今度はtouring25で試してみました。ヘルメットもジェット(XLサイズ)を用意しました。

 


 

touring25では、余裕をもって入りました。写真の状態でも、ヘルメットを横に倒した状態でも余裕です。注意点としては、ロールトップタイプの防水バッグは開口部が少しタイトにできているので、あまりに直径等が大きなものは、バッグ容量的には問題がなくても、開口部が通らないおそれがあります。

 

[TIPS] touring7, ネームとロールの関係

2020.05.28 Thursday


 

touring7の開口部に付いているTTPL織りネームに関するTIPSです。真上から見たヴィンテージブラック(左)と、それをひっくり返したコヨーテブラウン(右)です。後側(ひっくり返した側)に付いているネームタグは、ロールする方向を表しています。つまり、バッグを閉じる際には、ネームタグが付いている方向に開口部を巻いていってください。

(余談)上の写真では、どちらもインナーウォールが入っていないのでバッグはつぶれています。インナーウォールは、溶着ポケットとベルクロの2箇所で固定しています。バッグを柔らかい状態で使いたい時には、インナーウォールをすぐに取り外すことができます。

 


 

ネームタグを巻き込みながら、開口部をロールアップしてください。

 


 

touring60/40/25も同様の仕様です。

 


 

上記の考えで作ってはいますが、あくまで推奨TIPSです。実際には、使いやすい方法でどちらの向きにロールアップをして何回巻いて使っていただいても構いません。フリースタイルでロールアップをお楽しみください。

 

[TIPS] touring7を持ち運ぶ

2020.05.25 Monday


 

touring7を持って移動する時には、開口部をロールアップした後に、左右のバックルをつないで持ち手を作ることができます。本来開口部のバックルをつなぐ両サイドのストラップも、写真のように連結してまとめておくことができます。シート(キャリア)固定に特化したtouring7を簡単に持ち運ぶTIPSのひとつです。

 

Swatches / 生地サンプル

2020.05.22 Friday


 

現行モデルに使用しているすべての生地サンプルをご用意いたしました。バッグの色合いを確認したい時など、このスワッチをお気軽にご利用ください。

Swatches / 生地サンプル
 

[TIPS] ストラップキーパー2

2020.03.04 Wednesday

 
 

前回ご紹介したNEWストラップキーパーですが、簡単にオーダーをしていただけるように商品ページを作りました。割れてしまったり紛失してしまった際には、こちらにアップグレードしてみてください。

 

 

0958 Strap keeper / ストラップキーパー
 

[TIPS] ストラップキーパー

2020.02.20 Thursday

 
 

ショルダーストラップ上部に付くストラップキーパーが、touring60の後期から新しいモデルになりました。ニューモデルは、しっかりとストラップを抱えるので、不意にサイドからスリップすることがありません。現在はtouring60/40/25全てこのストラップ "グッドトラクション" キーパーを装着しています。

 

 
 

既存モデルをお使いのtouring40/25オーナーのカスタムにもお勧めです。オーダーは、こちらのフォームからお待ちしております。1セット2個入り・250円(送料込・普通郵便)です。

*ショルダーストラップは、touring60/40/25共通です。

[TIPS] 発送方法の選択に関して

2020.02.17 Monday

 
 

バッグと一緒にオプションパーツをオーダーいただく際のTIPSです。オプションパーツの発送方法(選択欄)は、以下の2種類になります。

1.クリックポストまたは定形外郵便 / 送料無料
2.宅配便(佐川急便)・日時指定可 / +550円

バッグ(touring60/40/25)と同時にオプションパーツをオーダーされる場合には、日時指定を御希望の際も1番をお選びください。バッグ(及びインナーボックス)は全て宅配便でお送りしておりますので、2番を選んでいただかなくても[宅配便+日時指定]が可能です。オプションパーツ単品オーダーで日時指定を御希望の場合のみ、2番をお選びください。

** バッグと同時オーダーで2番を選択されている場合は、すぐにお見積りを変更(クレジットカード決済金額変更)いたしますのでご安心下さい。

[TIPS] 仕切りパッド(インナーボックス)

2019.12.24 Tuesday

 
 

インナーボックスに付属する2枚の仕切り用パッドに関するTIPSです(touring60/40/25共通)。

 

 
 

長物などを入れるため仕切りパッドを外してボックス長を最大限使いたい時には、外したパッドをバッグとインナーボックスの間(=インナーボックスの外側)に挟んでおくことができます。写真では、2枚の仕切りパッドを片側に寄せてみました。ちなみに、より細かくボックス内を仕切りたいという方には、追加用仕切りパッドを単品で御用意しておりますのでお声掛けください。

また、この仕切りパッドですが、中の荷物を仕切るだけではなく、スタビライザーとしての役割も担っています。バッグの前後から固定用のパッキングストラップを締めた際に、バッグがつぶれてよじれることを防いでいます。特に林道等でタイトにパッキングストラップを締めた時に効果を発揮します。
 

Nifco

2019.12.01 Sunday

 

ほぼ全てのプラスティックパーツはDuraflexを使用していますが、ストラップキーパーだけは長年ニフコを選んでいます。なかなか入手が難しいDuraflexを現地工場でアレンジしてもらう方が楽なのですが、ストラップキーパーだけはフィット感が気に入り日本で定期的にニフコを購入しています。

 

Duraflexも含め、スペアパーツを豊富に御用意しております。トラブルや紛失の際にはお声掛けください。