Motorcyclist 2020.11

2020.10.20 Tuesday




 

モーターサイクリスト11月号で、touring1をご紹介いただきました。

ココが推し
*完全防水なので貴重品を入れやすい
*フロント側に1Lは、丁度いいサイズ
*排気量やカテゴリーを選ばない装着適性

丁寧に商品を解説していただきました。特に最後のポイントは強く意識したところです。  

GO RIDE 2020.11

2020.10.13 Tuesday


 

ゴーライド11月号で、マットグリーンのtouring19(19L)を使っていただきました。セロー250ファイナルエディションに乗る編集長(とtouring19)が表紙でも確認できます。

現在は車体に積載できるバッグに集中していますが、またtouring19のようなバックパックやショルダーバッグ、トートなど作りたいです。

 

Lady's Bike

2020.09.17 Thursday

 

Lady's BikeのWEBサイトで、touring1をご紹介いただきました。
 

webオートバイ, touring1

2020.09.09 Wednesday


 

webオートバイで、touring1をご紹介いただきました

「スクーターのフロントインナーラックのように便利に使えます。」と例えていただきました。スクーターの小さなフロント収納スペースは重宝しますよね。touring1があれば、近所のちょっとした買い物や散歩ツーリングに手ぶらで出かけることができます。


 


 

みなさんに投票していただいた結果、今回はコヨーテブラウンが勝ったようです。ちなみに、最近の私の仕様は、スーパーテネレはtouring1 ヴィンテージブラック、CT125ハンターカブは、touring1+touring7のコヨーテブラウンパッケージです。


■ webオートバイ


 

タンデムスタイル, touring1

2020.08.27 Thursday



 

タンデムスタイルのWEBサイトで、touring1をご紹介いただきました


 

GO RIDE 2020.9

2020.08.09 Sunday


 

GO RIDE 9月号巻頭のTenere700試乗インプレッションの中で、新旧テネレが比較されています。その旧型テネレに、私のXTZ750 SUPER TENEREを使っていただきました。インプレッション最後には、旧型テネレオーナーとして、テネレ700に乗らせていただいた感想も掲載されています。テネレが好きで乗り続けてきてよかったです。このような機会をいただき感謝いたします。そうそう、よく見ると、ハンドルにはtouring1が装着されていますよ。

 

余談ですが、今回の撮影ではGORIDE編集長と長谷川カメラマンの貴重なお仕事風景を見ることができて大変勉強になりました。どんな仕事もそうですが、プロの仕事は無駄がなく見ていて美しいですね。BEHIND THE SCENES好きには最高の時間でした。
 

Motorcyclist 2020.8

2020.07.10 Friday




 

モーターサイクリスト8月号・バッグで変える「夏の旅」の中で、touring7をご紹介いただきました。巻頭企画の47都道府県 最高標高を目指せ!では、掲載されているポイントが、夏に気持ちよさそうなルートばかりで大変参考になりました。特に関東エリアでは、何度も訪れた懐かしいルートも多く掲載されていて、また走りに行きたくなっています。


 

KLX230/CRF250L/セロー250FE徹底比較, touring19

2020.06.25 Thursday


 

ゴー・ライド3月号の記事が、ヤングマシンのWEBサイトに掲載されています。編集長にtouring19を使っていただきました。

 

Off1.jp, touring7

2020.06.05 Friday


 

Off1.jpで、touring7をご紹介いただきました。アウトドア業界ではすっかり定着しているガレージブランドになぞらえて、格好良く解説していただきました。


 



 

touring60もご利用いただいております。


Off1.jp


 

タンデムスタイル, touring7

2020.05.29 Friday


 

タンデムスタイルのWEBサイトに、touring7が掲載されています。今回も、大変丁寧に分かりやすくまとめていただきました。


 



 

「ちょうどいい容量だから日帰りツーリングにピッタリ」です。小ぶりな7Lですが、詰め方に慣れると思った以上にたくさんのものを持ち運べます。日帰りツーリングの他にも、通勤や買い出しなど日常使用にもおすすめです。また、トップ近くには4個のDリングを設けましたので、ネットやストラップを使ってバッグの上に多少の荷物を載せることができます。


タンデムスタイル