touring40, touring25 再入荷スケジュール

2018.01.18 Thursday



 

[ touring40/25 再入荷予定 ]

touring40,touring25の再入荷日は、1月19日になります。
今回の再入荷では、touing40は5色すべてのカラーが入荷します。touring25は、マットブラック、マットグレー、マットブルーの3色が入荷します。マットグリーンは現在在庫がございますので、合わせるとマットイエローを除いた4色展開になります。



[ touring40/25 納期に関して ]

再入荷直後は、オーダーの集中により発送までお時間をいただく場合がございます。 その場合、トップページやブログで発送状況を随時更新させていただきます。お待たせして申し訳ございませんが、何卒御了承下さいます様お願い申し上げます。 touring40/25以外のオーダーにつきましては、極力通常納期(3-4営業日後発送)で御案内致します。

2月19日 - 2月26日は、誠に勝手ながら休業致します。2月19日前にいただいたオーダーに関しましては、状況により休業期間後の発送になってしまいますことを御了承下さい。

Super Cub, touring40

2018.01.14 Sunday


 

WORLD WALKBUNさんからtouring40の積載写真をいただきました。レストアしたばかりのスーパーカブで、足尾銅山まで400kmツーリングに行ってきたそうです。

 


 

大変きれいなスクランブラー仕上げですね。新しいカブが気になっている時にこの写真は刺激されます。
 

日本民藝館, touring19

2018.01.07 Sunday


 

冷える季節になりましたが深夜のポタリングは続けています。自転車はすぐに体が温まるので、バイクツーリングの様に構えることなく気軽に出ています。今回は、駒場にある日本民藝館周辺を走ってきました。ナイス建物を目にしたら、久しぶりに入りたくなってしまい、思わずその場でスケジュール確認をしました。1月11日からの展示がとても良さそうです。棟方志功は、彼の出生地青森でも多くの作品を見てきました。
 

MEMBERS ONLY, touring40/25

2017.12.21 Thursday



 

12/27 追記
新たにインナーボックス(25L用)とtouring25・マットイエローを追加しました。マイアカウントからログインをして御確認ください。

------------------------------------------
 

メンバーズオンリー(会員限定)商品を追加しました。touring40/25,B品のご案内です。
------------------------------------------
1.touring40 / マットブルー / B品 SOLD OUT
2.touring40 / マットグリーン / B品 SOLD OUT
3.touring25 / マットイエロー / B品 SOLD OUT
-----------------------------------------
詳細は、下記 [MEMBERS ONLY オーダー方法] を御参照ください。


B品とは、例えば輸送中に付いてしまった小傷や汚れなどがあるものです。大切な防水機能は問題ございません。このような少しだけ訳有りの商品を、B品としてリーズナブルな価格で御案内しています。


------------------------------------------
MEMBERS ONLY オーダー方法
------------------------------------------
1. マイアカウント(TTPL ONLINE STORE最下段)から、ログインをしてください。
アカウントの無いお客様は、お手数ですが新規会員登録からお願いします。

2. お客様のアカウント情報が表示されますので、TTPL ONLINE STOREのバナーか、右上の"ショップへ戻る"をクリックしてトップページへ戻ってください。

3. トップページ最上段にログイン時のみ会員限定の商品写真が表示されます。
(上記画像で、MEMBERS ONLYと入っている商品です。)

4. 通常通りにオーダー手順を進んでください。
 

原爆ドーム, touring19

2017.12.14 Thursday


 

原爆ドーム, touring19
 

Park, touring19

2017.12.13 Wednesday


 

Park, touring19
 

大名栗林道, 正丸峠, touring40/5

2017.12.06 Wednesday


 

今回も製品テストを兼ねて秩父方面へショートツーリングに行ってきました。途中にある大名栗林道(入口)の様子も確認。分かってはいましたが以前のゲートよりも更に手前から遮断されています。


 


 

手前のゲートで止まったことにより、森のこみちに気が付きました。フカフカで優しいトラクションの散歩道は、大名栗林道について考えるよい時間でした。


 


 

16歳の時にNS-1で時々来ていた正丸峠に数十年ぶりに入ってみました。当時から道幅も狭く油断できないワインディングとは思っていましたが、現在では更にリスキーなコンディションになっていて驚きました。林道を走る時の気持ちで走ってきました。


今回のツーリングで気になった車両は、新生ノートンのコマンドBMWのC evolutionです。コマンドはワインディングが似合うモデルですが、C evolutionが山にいたのは驚きました。しばらく並走した後、交差点で無音で去っていきました。きちんとライディングジャケットを着ているライダーだったので、地元の方ではなくツーリングライダーでしょうか。バッテリーレンジを緻密に計算しながらツーリングを楽しんでいるのでしょうね。

 

お届け希望日追加のお知らせ

2017.12.06 Wednesday


 

お届け希望日の項目を追加しました。しばらく先のお届けを御希望の際は、こちらの選択肢からお選びください。また、選択肢にない場合でも、御希望の日程・時間帯で手配をさせていただきますのでオーダー時にお申し付けください。
 

決済方法追加のお知らせ

2017.12.04 Monday


 

ご要望をいただき決済方法のバリエーションを追加致しました。クレジットカードのお支払いは一括払いのみでしたが、分割とリボ払いを追加させていただきました。
 

ホールショットデバイスのメンテナンス

2017.11.30 Thursday


 

ホールショットデバイスのメンテナンス例を御紹介します(再掲載)。TTPLでは、シートベルトパターンのストラップを多用しています。一般的なポリエステル素材のものと比較してメリットが多いため採用していますが、デメリットとして毛羽立ちやすい素材です。ホールショットデバイスはベルクロとの摩擦で毛羽立ちやすく、そのような時は下記メンテナンスを試してみてください。

 


 


 

(1) ベルクロのオス側にレッドストラップをこすりつけ毛羽立たせます。

 


 

(2) 毛羽立ち部分をハサミで適当にカットします。

 


 

(3) 毛羽立った部分をライターでサッと軽くあぶります。綺麗なレッドストラップに戻ります。

 
 

(補足説明)
ホールショットデバイスは、バッグを開ける時には上方向にレッドストラップを引き上げます。そのためストラップと摩擦が生じるバッグ上側には、メス側のベルクロを配置して毛羽立ちを防いでいます。また、メス側のベルクロを上に配置したことにより、バッグを背負った際に着用している服がベルクロとこすれるリスクも防いでいます。ファーストサンプル時には、ベルクロのオス・メス配置が逆だったため、背負ったまま移動した後に着用していたガーゼシャツをだめにしてしまいました。

(オーバーホール)
上記メンテナンスでも綺麗な状態に戻らない場合には、ホールショットデバイスをオーバーホールすることもできます。touring40/25をお送りいただき、こちらで新しいホールショットデバイスに交換いたします。また、よりシンプルなtouring40/25を目指す方には、レッドストラップを取り除いてしまうホールショットデバイスレスのカスタムもできます。お気軽にお問い合わせください。